小春日和よりあたたかい秋の数日

秋になれば思い浮かべるという言葉に小春日和がある、気温が高く空の色は澄んでいて穏やかな空模様の一日お天気。

10月下旬時期になり、最近の天気は暖かいというより夏の衣類でもすごせる28℃前後の数日で経過、小さい春(しょうしゅん)というには気温が秋らしくない様子です。

この言葉の季語区分としては冬の季語ですが、文章で綴る時は10月下旬や11月の時期が自然ですね、朝晩の空気がクールで昼にあたたかさ感じるのがよいひと時。

晩秋時期としては気温が高くなった10月の数日、気温高めの一日めは火曜日で水曜は程々の空と気温、3日めはこの秋の夏日気温を治める雰囲気の空気です。

こういった気温は掃除や洗濯するのに最適で乾くのも早い、日常的なことでもよい晴れの日は気分もいいし。さらさらと進みます。

上旬は気温低めで換気も10分程度だったのが、洗濯時間から午後の時間帯までよい空気の循環、少量の湿度もこもりがちな空気も一掃して綺麗な室内空気。

夏模様という感じの空気と空は10月下旬でひと段落、よいお天気と気温で本格的晩秋に向けて日常整理の時期、食料品の調達や要件完了で家整備の時間としました。

冬衣類や温かいグッズも日常で使えるように収納、上旬はとりあえずとして少量の使用でしたが、季節物の収納ケースがすっぽり冬スタイルという季節です。